ホンダ モンキー

決して到達出来ない場所ではないはずの森が遠い! しかも、走る足元からも何か光る物が突き出てくる。これは、剣!? いや、刃だけ、なのか!?

わけがわからない!

足元に強く障壁を意識して出てくる光る刃を蹴散らして走る。

ああ、走り難い!! これじゃあ……<a href=”http://www.shoessrecently.info/sneakers-u4i5-2.html” title=”adidas originals スニーカー”>adidas originals スニーカー</a>

こっちの仕掛けた足止めの方が不安になって少し振り返って状況を確かめる。そこには。

「あははははははは!! これ凄い、生意気に追尾までするじゃないの!!」

「真正面から受け止めるにはちと重いか。ま、逸らせば問題あるまいよ。それよりソフィア? あれが女神の隠し玉なら我らもすべきことがあろう?」

「わかってる! でも正式にアイサツして生きてたらね! 思ったより楽しめそうで嬉しいの私!」

……足止め、出来てない。何だこいつら。

連射されるブリッドの威力は低くはないはずだ。この服と指輪に魔力を食わせていたって僕の魔力はかなり強いらしいんだから。なのに、何だあれ?

子供の方は多分魔法障壁を使って連射されるブリッドをあちこちに逸らしている。当然逸れたものは幾つか魔族やヒューマンにも飛んでいくがそのフォローはしないようだ。鬼畜か!

強度と角度の調整で飛んでくる魔法を逸らすなんて使い方も出来るのか。時間があれば僕もモノにしたい技術だけど、今は詳しく観察する余裕が無い。

女は、信じられないことに連射されるブリッドを剣で切り払ったり、俊敏な獣みたいに疾走して追尾を振り切って右に左に回避している。それに……空中に浮いた幾つもの光る剣らしきモノ。あれは女が出しているのか子供がやっているのか不明だけど、とにかく女はその剣を”足場”にしてアクロバットな動きで僕との距離を恐ろしいスピードで詰めてきていた。

……冗談だろう? 高速で飛んでくる魔法を両手で扱うような大剣で切り払うって……どんな怪人だよ!?

それも曲芸紛いの空中疾走付きでやりますかね!?

僕は女神の隠し玉でも何でも無いってのに!<a href=”http://www.shoessrecently.info/人の靴-u4i5-1.html” title=”アディダス スニーカー レディース”>アディダス スニーカー レディース</a>

あ、この壁。刃だ。沢山の刃が交差に編むように組まれて壁になってる。あの子、何か特殊な魔術の使い手なのか? 剣魔術とか? 使い勝手が微妙な系列に思える。今驚いている僕の言う言葉じゃないけど。

やや現実逃避な思考を頭に浮かべた僕の目前には、もう彼女がいた。化け物か!?

さっきまで後ろにいたでしょおおおお!?

この世界にこんな出鱈目なヒューマンがいるのかよ! いや、こいつ本当にヒューマンなのか?

肌の色と見た目がヒューマンなだけで実は魔族の新型とかじゃないだろうな!?

追いつかれるどころの問題じゃない! 刃の壁を蹴って、大剣を振り上げた彼女が飛び掛ってくる!

「つーかまえたっ!」

言葉の軽さとは裏腹に彼女が上段に構える大剣の姿が一瞬霞む。空中にいる彼女が着地を待たず剣を真っ直ぐに振り下ろしてきた! 前方に障壁を展開して界で強化を施し迎え撃つ。防具の耐性を信じないわけじゃないけど、出来ることは全部やる。

「っっ!?」

思い切り甲高い音がして彼女の剣が上に跳ね上げられた。防げた、でも障壁も相殺されて砕けた! 馬鹿な、あの剣、魔法殺しとかふざけた性質もってるんじゃないだろうな!?

再度の障壁展開を試みようとしたけど間に合わない。彼女の追撃の薙ぎ払いの方が速い。崩れた体勢のままって、どんな身体能力!?

さっき僕が障壁の粉砕に驚いていたように、彼女だって自分の剣が弾かれたことに驚愕していた。つまり彼女にとっても自信があったはずの一撃だったというのに防がれても一瞬で追撃を決め、あの無理な体勢から実行するだなん
<a href=”http://www.shoessrecently.info” title=”http://www.shoessrecently.info”>http://www.shoessrecently.info</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>