出来ちゃった結婚の離婚率って…

ら中途半端とは思うが、これはプライバシーに厳しい世界で育ったが故の遠慮といえよう。

大体、この屋敷には寝たきりであろう人妻とおそらくは年頃の娘さんが2人いるんだ。

流石に盗聴と盗撮を同時に行うのは気が引ける。

[私はツィーゲは初めてです。レンブラント商会の名も知りませんでしたので]

「……はぁ~、そうでしたね。いや申し訳ない。このツィーゲで氏の名前は相当大きなものなのですよ。彼に睨まれると正直居づらいくらいには」

[なるほど。それは、緊張しますね]<a href=”http://www.watchsvink.com/giveなスポーツ-kg173-9.html” title=”アンティーク 時計”>アンティーク 時計</a>

「そうなのですよ!しかも、秘薬アンブローシアの精製依頼!製法は既に用意されているとは言え、もう先ほどから落ち着かなくて……」

失敗したら報復があるのかなあ。いや、普通は無いだろう。

だって商人だよ?マフィアじゃないんだからさ。それに当人は体格からして商人っていうか武闘派でスーツとかあんま似合わないっての。

……、いや着たら着たで意外と見れるか?胸板厚いスポーツ選手もスーツ似合うしなあ。

[大丈夫でしょう、精製にはレベル80もあれば余裕とのことでしたので]

「秘薬アンブローシア、古くは神花アンブロシアから採れた蜜を主原料にされた万能系の解毒薬と聞いていますが。一体どういうもので精製方法はどのタイプになるのか」

ブツブツと自分の世界に入ってあーでもない、こーでもないとトリップしている。

果てには自分の得意なタイプだといいな……とか、テスト前の逃避に似た様子に見える。

大丈夫と慰めた僕にフォローが欲しいくらいだよ、まったく。

レンブラントさんと執事さんもまだ来ない。

この豪邸で僕らをどれだけ待たせるつもりなのか。

飲み物(おそらくは紅茶の一種だ)は半分ほど飲むか冷めてくるとすぐにメイドさんがやってきて見事な手際で新しいものに替えていく。

青年のギルドカードで職とレベルを確認はしていたから資格上の問題は無いと思うんだけど。

ん、この顔色の悪い青年の名前はなんだったかな?

どうも覚えてないな、やっぱり到着初日は飲みすぎた。

トアとリノンの姉妹は覚えてるんだけどな~。他のメンバーはうろ覚え、いやごめん、覚えてない。

「お待たせしました」

ようやくのドアの開く音に僕らはそろって主を見る。

レンブラント氏とその執事さんである。

ようやくですか。

「用意ができましたのでお迎えに参りました。設備は地下にありますので、私の後に。ご案内いたします」

「確かライドウ殿も見学されるとか。どうかハザル殿と一緒に」

[レンブラントさんは行かれないのですか?]<a href=”http://www.watchsvinn.com” title=”セイコー gs”>セイコー gs</a>

「私は先に妻と娘のところに行っております。精製が終わりましたら案内させますので後ほどお会いしましょう」

一刻も早く、これで治るであろう身内の傍にいきたいわけか。

だよな、信用できる執事がいるなら自分は見ていてもわからない薬の精製よりも奥さん娘さんといたいよな。元気付けてあげられるってのもあるし。

[了解しました、では後ほど]

僕としては錬金術のほうが興味がある。薬品の精製と魔法なんて中々見れるものじゃないと思うし。

にしても。

執事さんの後に続く顔面蒼白の青年を見る僕。

そうか、こいつハザルっていうのか。

そんな失礼なことを考えながら、僕は執事さんの案内に従って地下の製薬の場へと向かった。
************************************************
貴重な薬だから作るのに時間がかかるとは限らない。

軽い気持ちで来たのにいきなり重要っぽいイベント発生ってやつです。

ご意見ご感想お待ちしてます。週末更新できました~。
<a href=”http://www.watchsvink.com/seiko精神-kg173-10.html” title=”http://www.watchsvink.com”>http://www.watchsvink.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>