澤、東京五輪「41歳」で出場も

見直したんだろうな。
僕の講義を受け始めた頃とは明らかに打ち合っている時の二人の思考が練られたものになっているのが十分に伝わってきて、僕には結構見応えがあるんだけどね。
体を入れ替えたり距離を開けてみたり、ジンもミスラも実によく考えて戦っている。多分、その場の閃きだとかは既に僕よりも優れていると思う。実際、凄い才覚を持っているからなあ。<a href=”http://www.watchsruler.com/人の時計-p0t-1.html” title=”時計 パネライ”>時計 パネライ</a>
観客の目にもこれまでの試合とは速度が段違いに速く、さらに体の動きが滑らかで多彩な事には気づいたから初めは歓声が多かった。でも、ジンの攻撃ターンが終わらないから段々とミスラへのブーイングが増えてきている。不憫だ。
ミスラはジンが二刀流を使うようになってさえ、捌く力を持っている子だ。しかも講義でも休みの間でも模擬戦は何度もやっている。剣術だけのセンスならジンが文句なしで上なのに経験を確実に実力に反映させて防ぎきっている。
例えば三つを超えるような連撃でさえ、要になる一撃を的確に選んで弾く。組み立ての中で、流れの中で。中核になる一手を見抜く目は彼の最大の武器と言えるだろう。ツヴァイさんと戦う事で強い攻撃のいなし方も学んできている。静かな成長株だ。
体の捌き方や距離の取り方もジンの気勢を上手く|殺(そ)いでいる。流れや勢いをあれだけ殺されて、それでも攻撃を継続できるのはジンだからだ。あいつも人の閃きと獣の勘を両在させながら剣を振る驚異的なセンスを持っている。まあ、この試合のみで評価するなら僕はミスラを褒めるけど。

どちらも決め手が無いから時間いっぱいまで打ち合うしか無い。
ミスラへのブーイングが大きくなっていく。試合は既に勝敗ではなく、互いの動きや力、技を確認し合うような演武に近いものに姿を変えている。その事に気付いている人は少数だろう。
巴はその変化の瞬間、感心したように「ほう」と目を細めていた。察したようだ。
凄い試合なのに、どこか違和感がある。多くの人の感想はそのようなものだ。違和感が予定調和を感じさせる動きであるとわかるのは、以前に演武であると知って見た事がある人や、巴の様にそれなりの技術を持った人に限られると思う。ちなみに僕は前者。剣術の本気で行う演武を何度か見る機会が会ったからだ。雰囲気として似たものをジンとミスラは放っていた。
澪もわかりそうな気がする。彼女は少し退屈そうに試合を見ていた。手に持ったファストフードと試合、興味は八割二割と言った感じだな。それでも聞けば正解が返ってきそうな気がするのは、これまでの澪の直感が恐ろしい的中率だからだ。

「ん、試合終了か。これはミスラの勝ちだなあ」<a href=”http://www.watchsrun.com” title=”腕時計 メンズ ブランド”>腕時計 メンズ ブランド</a>

「でしょうな。結局有効打は殆どありませんでした。攻めていたジンと申す子が判定で勝利するでしょうが、勝負としてはミスラと申す子の勝ちですな」

「試合に勝って勝負に負けるか。会場はミスラを臆病者扱いだっていうのに。あはは、ジンの奴、わかりやすい顔してるな。ミスラも達成感が顔にでちゃってるし」

「いや、これまでの間抜けな試合よりはかなり楽しめました。流石は若の教え子です。何せこれまでのは殆ど全員、構える、攻撃する、避けるか防ぐ、構える、反撃する、と行動のトロサと次にやる動作が丸分かりな馬鹿さ加減が全面に出ておりましたからなあ。正直、あれでは良い武器を持っていればそれだけで試合が決まりかねませぬ。反対の意味で目を見張りましたな」

「まったくだ。ジン達は他の講義で猫かぶるのが最近しんどいです、とか言ってたけど理由がわかったよ。あの中でさっきみたいな動きをしたら、そりゃあ浮くわな。何でも僕を気遣ってく
<a href=”http://www.watchsruler.com/panerai-p0t-2.html” title=”http://www.watchsruler.com”>http://www.watchsruler.com</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>