がやたらと凝ってしまっただけだ

この子は不器用なくせに自分でお尻に湿布貼ろうとして、何回も紙テープを駄目にしてたから無理やり私が貼っちゃったの。その時でもぎゃーぎゃー騒いだぐらい恥ずかしいみたいなの」

なぜか嬉しそうに話す母に箸が止まる。嫌がっているのが判るんなら黙っていてくれよ。なんで母親って子供の失敗を楽しそうに口にするんだ? そりゃ本当にマズいのは喋らないでくれるけど、結構俺からすればグレイゾーンのエピソードでも口を滑らすよなぁ。

「とにかく他の人には言わないでくれ、頼むよ」
「はーい」

こんな時だけ女性二人の声は揃うのだが、その目はしっかりと笑っていた。
――出発前夜に主役が笑い者にされるってどうよ? <a href=”http://www.shopforcriticizejp.pw/”>長傘</a>

「あ、アシカ。お土産はサウジアラビア納豆でいいからねー」
「じゃあ私はサウジのお饅頭でいいわ。それなら空港で売ってるから手間が省けるだろうし」

どちらも売ってません。

◇  ◇  ◇

山形はふうっと大きくため息を吐くと、パソコンの電源を落とした。目を瞑ると両手の平でぐいぐいと押して乱暴にマッサージをすると、少しだけ酷使された眼球の疲れがとれていくようだった。
デスクの引き出しのどこかには目薬もあったはずだが、それを探すのさえ面倒でたまらない。
そのまま自堕落に椅子の背もたれにぐったりと腰かけたまま手で目を抑えていた。<a href=”http://www.shopforcriticizejp.pw/”>折りたたみ傘 丈夫</a>

「監督、どうしました!?」

驚いたような声をかけてきたのはヨルダン戦の前夜にも話に付き合わせたスタッフの青年だ。
また深夜にも関わらず監督室に明かりがついていたので、不審に思ったのか様子を見に来たのだろう。そこへ監督室の主が椅子でぐったりとして目を押さえているのだから、監督が泣いているのかと誤解してもおかしくはない。動揺するのも当たり前ではある。少しだけ面倒だなと感じつつ山形は目から手を離して彼へと向き直った。

「いや、ちょっと目が疲れたので休ませているだけだよ」
「はあ、そうですか……」

勢いよく飛び込んだ割に相手から冷静な対応をされて戸惑っている青年の姿に苦笑が洩れる。どうもこの青年は山形の事を勝手に師匠のように思って尊敬しているらしい。その恭しい態度がちょっとくすぐったいし、山形の疲労した精神を回復させてくれる。
さて、この青年が来たってことはそろそろ眠らないとマズい時間帯なのだろう。そう思って時刻を確かめると、もうすでに真夜中を過ぎている。これ以上就寝が遅いと明日に響きかねないな。
山形は「やれやれ」とぼやきながら首を振ると、ぼきぼきという音が傍らの青年に聞こえるほど鳴ってしまった。しばらく画面を凝視したぐらいで首や肩が凝りまくっている自分の体に、最近年を感じてしまう山形である。<a href=”http://www.shopforcriticizejp.pw/”>umbrella 傘</a>

「凄い音がしましたけど、大丈夫ですか?」
「ああ、ちょっとネットでのうちのチームの評判を覗いてたら、見入ってしまって肩がやたらと凝ってしまっただけだ」

山形の言葉に青年は眉を曇らせる。どうやら彼も今の代表チームの評判が芳しくないのは承知しているらしい。
ネットやマスコミからの悪評はこの年代につきまとう負債のような物で、山形が就任する以前からずっと続いている。
前任の松永という監督と面識はないが、関係者から話を聞く限りではどうも監督としての実力で選ばれたのではなく、コネなどそれ以外の要素で監督になったようだった。
それでもカルロスという絶対的なエースがいればまだ彼を中心にチームを作ればよかったのだが、そのカルロスを失ってチームが崩壊したらしいのだ。ならばまた新たに一から作り上げればいいのだが、松永にはバラバラになったメンバーをまとめるだけの力量がなかったって話だ。もともと面倒な事はス
http://www.shopforcriticizejp.pw/ umbrella 和訳

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>